menu

先輩職員からのメッセージ

先輩職員からのメッセージ

福祉職(広島国際大学 卒)  [介護福祉士]
入職 3年目
所属/広島原爆養護ホーム 矢野おりづる園
「ひとり一人に合った 根拠のある介護」を学びました!
祖母が祖父の介護を在宅で行っていました。祖母の大変そうな姿、週に何度かヘルパーの方が来られており「とても助かっている」と休まる時間がある事が幸せであると話していた姿を見ていました。
このように大変な思いをしている家族、介護をされている方も専門知識を持った人にお世話してもらった方が安心感がある事を知り、福祉の仕事に就こうと思いました。
入社してすぐに同期職員との研修があり、仲を深め、基礎知識を学んだ上で各施設に配属される為、相談できる仲間ができます。配属後はエルダー制度で先輩職員が付いてくださり、分からない事は全てわかりやすく教えてくださいます。一人ひとりの利用者様に合わせた、根拠を持った介護が必要であると学べました。
自身の力の向上の為に資格取得目指す際には資格取得支援もあるので目指しやすいと思います。
「人」を相手とし仕事をしている為、一日の利用者様に合わせた介助が必要であり「何故この方にはこの介助が必要なのか」という根拠を持った支援が必要であると学びました。
これからはより良い生活を送って頂く為に、一人ひとりの利用者様が過ごしやすく、笑顔の絶えない日々を提供できるような介護士になりたいと思います。
介護の仕事はもちろん大変な事も多くありますが、関わっていく中で利用者様と信頼関係を築き、笑顔で「あなたで良かった。ありがとうね」等と声を掛けて下さった時に、この仕事をしていて良かったと思います。これからも辛い事や大変な事はあると思いますが、利用者様の日々の生活のお手伝いができる事は嬉しく思います。
福祉の職に就こうと思っている方々は優しい心を持っていいる方が多いと思うので、一緒に働ける事を楽しみにしています。

メッセージ一覧
法人施設情報
©2004~2018 広島常光福祉会 All rights reserved.