menu

先輩職員からのメッセージ

先輩職員からのメッセージ

相談員(副主任)
入職 16年目
所属/介護老人福祉施設 サンヒルズ広島
介護の仕事は「相手を思う気持ち」が一番大切!
特に将来の夢もなく進路に迷っていた時に、高校の先生や家族から「介護の道」を勧められたことがきっかけで、専門学校に進学しました。
私は第三子が産まれた際に、1ヶ月の「育児休暇」をいただきました。また最近では、余命宣告を受けた母の見取りケアをしたいと申し出た所、快く休ませていただきました。シフト制でなかなか休みが取りずらい中、急なお願いにも関わらず対応していただき感謝しています。
また、広島常光福祉会では「リフレッシュ休暇制度」があり、勤務年数に応じてまとまった休暇がいただけるのも魅力です。若い職員が多く、活気に満ちた職場環境です。
この仕事は人の死に関わることもある数少ない仕事です。初めは怖さもありましたが、亡くなられた姿を見ると、どの方も安らかで眠っている表情をされており、その方が施設で過ごされた思い出が頭の中に浮かんできて、自然と「ありがとうございました」「おつかれさまでした」という言葉が出てきます。今自分も母の死が近づいている状況で、やってあげたいことが山ほどあるのに、病院にいるのでしてあげられません。利用者のご家族も同じ気持ちだと思います。関わっている私たちがご家族に代わって、最期まで全身全霊でケアをさせて頂きたいと思っています。
私は実習担当をさせていただいていますが、常に言っているのは、「技術も大切だが利用者に関心を持つこと、好きになること」介護の仕事で大切なのは、「相手を思う気持ち」です。その気持ちさえあれば、だれでも出来る素晴らしい仕事です。
「人と関わるのが好き」「人の役に立ちたい」と思っている人は、是非 一緒に働きましょう!

メッセージ一覧
法人施設情報
©2004~2018 広島常光福祉会 All rights reserved.