menu

先輩職員からのメッセージ

先輩職員からのメッセージ

法人本部 管理職
入職 24年目
所属/法人本部
仲間を信じて自分の道を進む
高校生の頃から人と接する仕事に興味があり、中でも自分の大先輩となる高齢者の方々の生活や生きがいに触れることで、人間的な成長ができるのではと思っていました。
当時から、超高齢化社会に近く突入することが言われていましたので、「社会に必要となる仕事」と考えたいたこともあります。入職した際は、当施設を選んでいただいた利用者様に、「ここの生活も良かった」と言ってもらえることを目指しました。
広島常光福祉会は、福祉の総合サービス事業を運営しているので、年代や性別を問わず、さまざまな分野 職種の人が集まっています。組織として、お互いに補完し合えることは心強く、その過程は自らの成長に繋がります。
私の好きな言葉に「温故知新」がありますが、法人の行動指針にもそれに近いことが示されています。
提供するサービスや仕事のやり方も固定概念にとらわれることなく、工夫次第で革新性を持つものであり、これを実践できる環境は魅力に感じています。
「仕事は自分が誠実であること」これに尽きると思います。たくさんの人が集う場所だから、色々な考え方があり
それを尊重する風土が必要です。新人さんに自分の考えを
教えてもらったり、行き詰まった時は、私の考えを示したり、ベテランの方に意見を伺ったりと結果、チームであたることが良いものを作っていくと思っています。
この多様性を1つにすることが私の目標です。
身体や心に疲れがあると、普段の言葉や態度に出ることがあります。そんな時は、しっかり心身の休養を意識して、
趣味や家族、仲間を大切にしてほしいと思います。
社会人になった時、その習慣が基本となってあなたを支えてくれると思います。どの分野でも気持ちの良いコミュニケーションは、笑顔が生まれます。仲間と良いサービスができていると実感できれば、職場でも楽しい時間をきっと過ごせると思います。

メッセージ一覧
法人施設情報
©2004~2018 広島常光福祉会 All rights reserved.